過去と現在・・・しまじろう

8年前のしまじろう VS 平成19年のしまじろう

最近、「こどもちゃれんじ」で興味深い話を聞いた。

我が子が「こどもちゃれんじ」にお世話になったのは5年前。
その頃、しまじろうは「ちゃれんじ幼稚園」に通っていた。

しかし、今は・・・
幼稚園に通っている子には、幼稚園児用のちゃれんじ。
保育園に通っている子には、保育園児用のちゃれんじ。
幼稚園・保育園、両方に通っていない子用のちゃれんじ
までもがあるらしい。

もちろん親に対する小冊子も、それぞれの親に対応した内容になっているとの事。

さすがベネッセ!
子供に対する心くばりには頭が下がる。

もう1つビデオに関する話。

ちゃれんじのビデオを見て、子供たちは「しまじろう」を通して、
やさしい気持ちを覚えたり、はさみ・くれよん・のりなどの使い方もワークブックで学ぶ。

ビデオの内容は、その時代によって多少変わっているようなのだが、友達の子(年少)は、自分の「ちゃれんじ」のビデオではなく、8年前のお姉ちゃんのビデオばかり見ているらしい。

内容は変わっていないのに、何故だろう?

ベネッセサイドも「今の時代にあった内容」を考えて、ビデオを編集しているのだと思うが、もしかしたら、8年前のビデオの方が子供本来の素直な気持ちにあっているのかもしれない。

ベネッセのみなさん、8年前のしまじろうの姿を見て「子供本来の素直さ」を考え直してみてはいかがだろうか?