過去と現在・・・しまじろう

8年前のしまじろう VS 平成19年のしまじろう

最近、「こどもちゃれんじ」で興味深い話を聞いた。

我が子が「こどもちゃれんじ」にお世話になったのは5年前。
その頃、しまじろうは「ちゃれんじ幼稚園」に通っていた。

しかし、今は・・・
幼稚園に通っている子には、幼稚園児用のちゃれんじ。
保育園に通っている子には、保育園児用のちゃれんじ。
幼稚園・保育園、両方に通っていない子用のちゃれんじ
までもがあるらしい。

もちろん親に対する小冊子も、それぞれの親に対応した内容になっているとの事。

さすがベネッセ!
子供に対する心くばりには頭が下がる。

もう1つビデオに関する話。

ちゃれんじのビデオを見て、子供たちは「しまじろう」を通して、
やさしい気持ちを覚えたり、はさみ・くれよん・のりなどの使い方もワークブックで学ぶ。

ビデオの内容は、その時代によって多少変わっているようなのだが、友達の子(年少)は、自分の「ちゃれんじ」のビデオではなく、8年前のお姉ちゃんのビデオばかり見ているらしい。

内容は変わっていないのに、何故だろう?

ベネッセサイドも「今の時代にあった内容」を考えて、ビデオを編集しているのだと思うが、もしかしたら、8年前のビデオの方が子供本来の素直な気持ちにあっているのかもしれない。

ベネッセのみなさん、8年前のしまじろうの姿を見て「子供本来の素直さ」を考え直してみてはいかがだろうか?

大・キ・ラ・イ?!


スーパーなどで「しまじろう」のパペットを大事そうに持っている
お子さんをよく見かけます。

我が娘も「こどもちゃれんじ」をやっていたのですが、
なぜか「しまじろう」が大嫌いでした。

今も原因はわからないのですが、
「ぷち」からスタートして、「ぽけっと」「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」と続けて、小学校に入学時に友人にビデオ・本・付録を譲った時点でもパペットは新品同様の状態でした。

ビデオ・本・付録には、かなり興味を持って取り組んでいましたが、しまじろうのグッズにはかなり拒否反応をおこしていた記憶が・・・

例えば「しまじろうのしっぽ」が付録についてきた時の話。

先に鈴の付いたしっぽを、娘の腰につけたとたんに大泣き状態に・・・
ビデオに合わせ、楽しそうに踊る娘の姿を想像していただけに、
親のこちらがビックリしていまいました。

子供の好きな要素をチョイスして作られた「しまじろう」も
我が娘には、通用しなかったようです。

まあ、たまには例外(?)な子もいますよね^^;;;

こどもチャレンジ・ココパット


こどもちゃれんじに「おやこえいご」という英語の教材があります。

英語の苦手の私は、
「子供には、日常会話に不自由しない程度の英語力をつけてもらいたい」とさっそくゲーム感覚で試せる「おやこえいご」に申し込みました。

普段、身近にいる「しまじろう」と一緒に英語に親しめれば・・・
と思いでさりげなく「ココパット」を子供に渡してみたら、くいつきの良い事。

もともとパソコンに興味を持っていたので、クイズ・迷路・ぬり絵などでアルファベットを自然に覚え始めました。

年齢にあったカリキュラムなので「ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ」と無理なく進んでいきました。
2か月に1回というサイクルも飽きなかった秘訣かも・・・

ココパットはテレビに接続しなくて良いので、子供が好きな時間に出来たのも良かったのかな?

ココパットには、他のソフトもあるので「ひらがな」などの勉強にも使う事が出来ました。

今は、しまじろう・ココパット共に卒業し、週1回・ベネッセこども英語教室に通っています。

ジェネレーションギャップ?!

若いママ(年令は同じぐらいだが、小学生以下のお子さんをもったママ)との井戸端会議でギャップを感じる今日この頃。

そんな会話の一部。

Aママ  「子供チャレンジ、やってました?」

私    「うちは、やってたよ。ビデオを見て踊ったり、歌ったりしてたし、順番やお友達との間での「貸して・いいよ」を覚えたみたい」

ベテラン 「うちもDVDで、○・△・□を覚えて、公園に行った時に「○見つけた!ママ」 と言って喜んでた記憶があるわ」

Bママ  「でも、それって家で自分で教えられることじゃない?」

Aママ  「そっか、そう言われればお金出してやることじゃないですね。しまじろう症候群になっても困るし、旦那と相談しよ!」

*しまじろう症候群とは、テレビっ子の事をいうらしい。

こんな会話の後、
ベテランママと2人「時代がちがうのかな?」とつくづく感じてしまった。

娘の幼稚園時代、しまじろうをやらせる事は、ごく普通の事だった気がする。
逆に「えっ、チャレンジやってるの?じゃあうちもやらせなくっちゃ!」的な感覚があったくらい。

チャレンジに対しての考え方も「十人十色」という言葉が
ピッタリなのかもしれない最近の井戸端会議かな?

ちょっと懐かしい?!


娘もお世話になった「しまじろう」。
「しまじろう」ってなんだっけ?とふと思い、
ちょっと懐かしい気分で調べてみました。

「しまじろう」は1988年、ベネッセコーポレーションが開講した乳幼児向けの通信講座のキャラクター名。
キャラクターアンケートで1番人気だった事と、
子供が覚えやすいという理由で採用された。

本名「しまのしまじろう」。
5月5日生まれのトラの男の子。

家族は、
父親 しまのしまたろう(郵便局勤務?)
母親 しまのさくら
妹  しまのはな(三歳年下)
の4人家族。

たしか妹のはなちゃんは、ぽけっとから登場した記憶が・・・

お友達もたくさん登場。覚えている限りでは、
ウサギ みみりん
オウム とりっぴぃ
羊   らむりん
がビデオの中でしまじろうと踊ったり・歌ったりしていました。

そういえば、TVでもアニメが放送していました。
テレビ東京で「4期」に渡りやっていました。

登場人物がそのつど変化して、子供は夢中になって見ていました。

しまじろう、娘はもう忘れかけていますが、
世代を超えた隠れアイドルなのかな?とほのぼの気分になりました。